【IT雑談】格安で実用に耐えうるパソコンを用意する方法(拡張編)

こんにちは。ねこまんまです。

下記記事の続きとなります。

今回は格安で購入した中古PCを物理的に使える状態まで持っていく方法をご紹介します。

前提

今回の作業は大きく分けて「SSD換装」、「メモリ増設」の2つになります。

トラブルシューティングを容易にするために、各作業が終わるごとに動作確認をするようにしましょう。

SSD換装

格安中古PCにはHDDという低速な補助記憶装置が搭載されていますが、これをSSDという高速な補助記憶装置に交換することで動作が飛躍的に高速になることがあります。

数年前までSSDは非常に高価でしたが、最近ではそれほど苦にならない価格まで落ちてきています。

おおよその目安ですが、250G5,000円前後、500G10,000円弱くらいで購入できます。

SSDの交換は必須ではないですが、PC本体にデータを大量に保管する方には特に交換をおすすめします。

本などでもページ数が多くなるほど目的のページを探すのに時間がかかりますよね?

PCのデータも同じ理屈ですので、保管するデータ量が多いほどSSDの恩恵を強く受けることができます。

またSSDだとソフトウェア(Windows、Officeなど)の起動が早くなりますので、そういったことにストレスを感じやすい方は交換をおすすめします。

交換方法

SSDには様々な種類がありますので、交換前にまずは購入したPCに合う規格を確認します。

今回対象としたPCであれば、大半は2.5インチのSATAという規格のものが適合します。

まずはパソコンを裏返してバッテリーを抜き、HDDが搭載されている箇所のふたを開けます。

前記事でお話しした「拡張性」が低いパソコンだと、この時点でパソコン全体を分解しなければならなくなり、手に負えなくなる可能性が高いです。

その後ねじで固定されているようならまずはねじを外し、接続している端子と逆にスライドするとHDDが外れます。

端子の形(画像はSATA)を確認して、購入しようとしているSSDと規格があっていることを確認します。

またパソコンによってはHDDが振動しないように専用の台座がついていることがあります。

この台座はSDDの装着にも流用できるため、HDDから外してSSDにとりつけることをおすすめします。

※SSDはHDDほど振動に敏感にならなくてもよいので、台座は合えば使うくらいの感覚でよいと思います。

今回は申し訳ありませんがSSDの交換は行わないため、外したHDDを逆の手順で戻して終わりです。

新しいSSDにはOSが入っていませんので、交換後に電源を入れてもWindowsは起動しません。

そのため交換作業が正しくできているかはBIOSという機能を使って確認します。

BIOSの起動方法はPCの電源を入れてすぐにF2キーやF10キー(メーカーによって異なる)を連打します。

起動しない場合は一度電源を切って再度電源を入れて別のキーを連打します。(ほとんどのメーカーは上記2つのどちらかです。)

今回は外したHDDを再度取り付けたため、HDDが認識されていることが確認できます。

メモリ増設

メモリは前記事でもご説明した通り、2~4Gを目安に搭載していきます。

過剰に増やしてもCPUの処理が追い付かず無駄になったり、インストールされているOSによっては4G以上認識できなかったりします。

ですので購入した時点で4G以上のメモリが搭載されていた場合、増設は不要です。

交換方法

メモリにも規格があり、対象のPCに合った規格の製品でないと使えません。

メモリの規格はSSDよりも少し複雑ですので、一番簡単な方法としては「○○(PCの製品名または型名 メモリ増設」といったキーワードでヒットするブログなどで使われているものと同じ製品を使うのが一番確実です。

ただしマイナーなPCだとなかなか情報が得られないこともあるため、そういった場合は以下の手順でメモリの規格を調べます。

まずはパソコンを裏返してバッテリーを抜き、メモリが格納されている箇所のふたを開けます。

「拡張性」低いパソコンだとry…

ノートパソコンの場合は大抵左右にピン(指で指している箇所)で固定されており、そのピンを外側に開くとメモリが浮きますので、あとは引っ張れば外せます。

余程のジャンク商品でない限りはメモリにはシールが貼られており、そこに規格が記載されています。

下記画像の青い方が外したメモリで容量は1G、緑の方が交換しようとしている4Gのメモリです。

青い方は「PC3-10600」、緑の方は「DDR3-1333」という規格になります。

この2つは書き方が異なるだけで、同一規格のメモリです。

もう少し詳しく説明しますと、「PC"〇"」、「DDR"〇"」の“〇"の部分が規格であり、この数字が一致するものであれば交換できることになります。(少々説明不足で語弊もありますが、9割以上のケースはこの考え方で対応できます。)

つまりこのパソコンついていた「PC3-10600」という規格の青いメモリを外し、「DDR3-1333」という規格の緑のメモリに交換し、メモリを1Gから4Gへ増設することは可能となります。

後に続いている10600や1333という数値はそのメモリの性能を表すものですが、理解していなくても致命的ではないため、今回は割愛します。

ちなみに下記製品に記載されている「DIMM」、「SO-DIMM」というのはメモリの物理的な大きさの規格ですが、そんなの気にしなくても見れば違いは一目瞭然ですので、覚えていなくてもそれほど問題ありません。(主にデスクトップPC用がDIMM、ノートPC用がSO-DIMM)

交換方法は外したときと逆の手順で斜めに差し込んで、ピンがぱちんと鳴るまで倒すだけです。

メモリのくぼみと差込口の突起が隙間なく接していれば大丈夫です。

交換後はPCを起動し、HDD同様BIOSが起動することを確認します。

メモリが正しく搭載されていないとBIOSは起動しないため、BIOSが起動すればメモリは問題なく動作していることになります。

ちなみに今回なぜそのBIOS画面がないかというと、このパソコン自体(正確にはマザーボード)が2Gまでしか対応しておらず、4Gのメモリを搭載したら起動しなかったためです…(そういったケースはレアですので、あまり心配しなくてもよいです)

Windows 10をインストールした後は、タスクマネージャーからメモリのサイズが想定通りか確認します。

※タスクマネージャーの起動方法はググると山ほど出てくるため割愛します。

最後に

今回は格安で購入した中古PCをカスタマイズし、現在(2020年2月時点)でも物理的に実用に耐える状態にする方法をご紹介しました。

次回は仕上げとなるWindows 10のセットアップ方法についてお話したいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。