【自転車】初めてロードバイク買うときの選び方(基礎知識編)

こんにちは。ねこまんまです。

この手のテーマは多くの方が話題にあげていますので今更感が否めないですが、私なりの考えをお話したいと思います。

これからロードバイクの購入を検討されている方が、様々ある意見の1つとして参考にしていただけたら幸いです。

前提

この記事は主に「ロードバイクの購入を検討しているが、具体的に何がしたいのかは現時点でよくわからない」といった方を対象としています。

購入前からやりたいこと(ヒルクライム、ロングライド等)がある程度決まっているのであれば、それに合う製品を購入した方がよいですので、より専門的な情報を参考にしていただくことをおすすめします。

私が初めてスポーツ自転車(そのときはクロスバイク)を購入しようと思って自転車屋さんに行った際、私が当時何も考えていなかったこともあって、「決まっていないことが多すぎると、こちらも正しくおすすめができないよ」と言われてカタログを渡されて帰ったことがあります。

そのときはしょんぼりしてしまいましたが、今になって考えれば適当な商品を勧めるよりも、よっぽど親切な対応だったのだと思います。(ちなみにその自転車屋さんには今でもお世話になっています。)

そんな当時の私のように時間を無駄にしないために、インターネットの情報等を利用して、ある程度事前に検討していただくとよいと思います。

選ぶときのポイント

初めてロードバイクを買うときに気にした方がよいことを順にご説明します。

基本方針

予算について

高給取りな独身貴族の方であれば気にする必要はないかもしれませんが、私のような並以下のサラリーマンであれば一番気にしなければならないことだったりします。

また家族がいる方であればご自身だけでは決められないでしょうから、価格を抑えられる方が周りを説得しやすいと思います。

独身者の方はご自身のお財布と、既婚者の方は加えてご家族と相談しながら、無理のない範囲で予算を組んでいきましょう。

おすすめの価格帯

私は10万円~15万円くらいの製品をおすすめします。

理由は各メーカーのエントリーグレードが上記価格帯であることが多いためです。

それ以下の価格帯の製品だと、現代の一般的なロードバイクと大きくかい離している部分があったりして、購入後に満足できなかったり後悔してしまう可能性があると私は考えています。

具体的にはフレームの重量が極端に重かったり、採用されているパーツが現代の一般的なロードバイクと大きく異なるせいで、拡張性がなかったりすることがあります。

逆に言えば上記価格帯の製品であれば、現代のロードバイクの性能を十分に体感できるようになっていますので、必ずしも20万、30万といった大金を用意する必要はありません。(私からすれば10万だって大金ですが…)

1台目に予算オーバー( or 予算ギリギリ)のロードバイクを買うことによる懸念

ロードバイクは自転車の中でも尖った乗り物であり、重量を軽くして、タイヤを細くして、かごをなくして、スタンドをなくして、ペダルと足を固定して、前屈姿勢で乗るようにして…と走行性能を高めるために様々な工夫が施されています。

そのためママチャリと呼ばれる一般的なシティサイクルのように、誰でも簡単に快適に乗ることができるものではなく、慣れるまでは操作ミス等で転んでしまって車体に傷をつけたり、フレームやパーツを破損してしまうこともありえます。

私自身も転んでしまったことは何度かあり、その際ロードバイクに傷をつけてしまったこともあります。(幸い破損はまだないですが…)

自分のキャパシティを超える価格の自転車を買ってしまうと、傷がついたことで必要以上にメンタルを削ってしまったり、破損時の修理費が高額になったりして(車と同じで自転車も高いものほど何かあった時にかかるお金も高くなります)、辛い思いをする可能性が高くなります。

また購入後にカスタムしたくなったりしますし、ヘルメット等の本体以外でもお金がかかりますので、本体で予算を使い切ってしまうのは、何かとうまくないです。

高額なロードバイクは高性能?

メーカー間の差はあるにしても、原則その通りだと思います。

ただし自転車の動力は人間ですので、車やバイクほどあからさまではないと思います。

そのためハイエンドモデルのロードバイクを買うのは、自身の体を鍛えて打ち止めになったと感じてからでも遅くはないと思います。

ただ、ハイエンドモデルのロードバイクはどれもめちゃくちゃカッコイイですので、お金を持て余している方は見た目で選んで購入することも悪くはないと思います。(未熟な身体でハイエンドモデルに乗る姿がカッコイイかはまた別ですけどね…)

出典 PINARELLO DOGMA F12

購入するロードバイクを検討する

上記基本方針を前提とし、数あるロードバイクからどういった観点から選べばよいかを私なりにご提案します。

完成車とばら完

ロードバイクメーカーは、自転車の形をしていて購入すればそのまま乗れる完成車と呼ばれる製品と、自転車のフレームのみの2つを主に販売しています。

後者はフレーム以外のパーツを自身で選ぶ(これを通称ばら完といいます)必要があり、それにはある程度専門的な知識を必要とします。

その構成を自転車屋さんにお任せしてもよいですが、それってある意味完成車ですよね…

それだと自分好みの自転車が組めるというばら完の良さがなくなってしまいます。

また完成車は構成するパーツを個別に購入するよりも、各段に安く済むような価格設定になっています。

それらのことから、私は初めて購入するロードバイクは完成車をおすすめします。

フレーム

現代のロードバイクで採用される主要なフレームは以下の3種類です。

  • カーボン
    • 軽量
    • 優れた振動吸収性
    • 高価
    • 取り扱い注意(トルク管理等)
  • アルミ
    • 比較的軽量
    • 固めの乗り味
    • 安価
    • 扱いやすい(錆に強い等)
  • クロモリ
    • 若干重め
    • 柔らかな乗り味
    • 意外と値が張る
    • 長く乗れる(ただし錆には注意)

初めてのロードバイクであればアルミ一択でよいと思います。

カーボン、クロモリの製品で上記予算内に収まる製品はほとんどないです。

アルミは乗り味固めと言われますが、100㎞程度のサイクリングであれば全く問題ありません。(そのくらいの距離で疲労を感じるのは、おそらく自転車のせいではなく人間のせいです。)

また重量の観点でもそこそこ優れており、固いということは力を無駄なく伝えることができるため、競技にも適しています。

上記予算では収まらないですが、せっかくですので近年の代表的なアルミフレームのロードバイクを1台ご紹介しますと、SPECIALIZEDのALLEZ(アレー)などがあげられます。

出典 SPECIALIZED ALLEZ

技術力の高いSPECIALIZEDが展開するアルミロードのALLEZは、優れたジオメトリーときれいな溶接面が特徴です。

現代のロードバイクはカーボンフレームが主流ですが、優れたメーカーのアルミロードであれば性能、見た目ともに下手なカーボンロードには引けをとりません。

何が言いたいかといいますと、技術の発達によってアルミロードの性能も上がってきていますので、何がなんでもカーボンロードに乗らなければならないという考えは、個人的におすすめできないということです。

話がそれてしまいましたが、とりあえずは上記予算で収まるアルミフレームのロードバイクを買って数年乗り続け、ご自身のやりたいこと、好きなことがある程度定まってきたら、それにあったロードバイクに乗り換えるのが一番よいと私は思います。

コンポーネント

ロードバイクを構成するフレーム以外のパーツの総称をコンポーネントと呼びます。(正確には語弊がありますが、ここではわかりやすさを優先します。)

コンポーネントは様々なメーカーが展開していますが、上記価格帯のエントリーグレードの完成車に搭載されているのはほぼシマノ製です。(逆に上記価格帯でシマノ製以外のパーツが使われている場合、注意して検討されたほうがよいです。)

シマノ製のコンポーネントにもグレードがあり、それについては様々な方が詳しく解説していますので、私からは最低限の情報だけご説明することにします。

シマノのロードバイク用コンポーネントはDURA-ACE、ULTEGRA、105、Tiagra、SORA、Clarisの6グレードで構成されており、DURA-ACEが最高グレード、Clarisが最低グレードとなります。(これも正確には少し違うのですが、ここではry)

参考:https://bike.shimano.com/ja-JP/components/road.html

上記価格帯の製品だと、TiagraかSORAが採用されている製品がほとんどです。(気前の良いメーカーは一部105を採用していたりします。)

コンポーネントのグレードについては、上記の基本方針を前提として初めてロードバイクを購入するのであれば、シマノのSORA以上が採用されていれば問題ないと私は思います。

出典 SHIMANO SORA R3000シリーズ

この手の話をすると「105以上でないといかん」勢が出てくるのですが、それは大体競技利用をすることを前提としています。

そのため「とりあえずロードバイクというものを体験してみたい」という目的であればSORAグレードで全く問題なく、その後自転車が好きになってやりたいことが見つかったのであれば、数年後に乗り換えればよいわけです。

繰り返しになりますが自転車は人間が動力ですので、自転車の性能に文句をつけるのは自分自身を鍛え切ってからでも遅くはないと思います。

ちなみにClarisグレードについては歴史が浅く、SORAグレードほど成熟していないのでは?と私は少し敬遠しています。(これについては何の根拠もない私の印象からくるものですので、そんなことはないかもしれません。)

またコンポーネントのグレードが(さらにいうとメーカーも)パーツ間で統一されていない完成車もあるため、検討する際はメーカーHP等からスペック表をよく確認しましょう。

例えば下記はGIANTのあるロードバイクのスペック表(一部抜粋)ですが、フロントディレイラー、リアディレイラー、シフターがシマノ製の105グレード、クランクはシマノ製だけど105グレードではなく、チェーン、ブレーキはシマノ製ですらないという構成になっていることがわかります。

出典 GIANT CONTEND SL 1(2020年モデル)

20万円以上の価格帯であればこのようなグレードやメーカーが混在していることは少ないのですが、それ以下の価格帯だと主に価格を下げることを目的として上記のような構成になっていることがあります。

上記のような構成を○○(メインコンポの名前)ミックスなどと呼ぶことがあり、ロードバイクメーカーの方で検討した上での構成なわけですので致命的な不具合はないでしょうが、シマノはすべて自社の製品で構築することを前提として性能等の検証をしているでしょうから、ミックス構成だとシマノ製コンポーネントの本来の性能を発揮できない可能性があると私は考えています。

とはいえ上記価格帯だとほとんどの製品が多かれ少なかれミックス構成になっているため、どこかで妥協しなければなりません。

私としては交換が安価または容易だったり、消耗品として定期的に交換が必要になるパーツについては、メインコンポとグレードやメーカーが異なっていてもよいと割り切っています。

具体的にはブレーキ、チェーン、スプロケット、ホイールなどがそれに該当します。

逆に前後のディレイラー、クランク、BB(ボトムブラケット)、シフターなどは高価だったり、交換に手間がかかったり、互換性を考慮しなければならなかったりするため、購入時に妥協しないほうがよいです。

ちなみに現代のロードバイクに搭載された主流のブレーキはキャリパーブレーキディスクブレーキの2種類がありますが、上記価格帯のだとほとんどがキャリパーブレーキ仕様になっています。

出典 ワイズロード川崎 【DISC?キャリパー?】ロードバイクのブレーキ問題!どっちがいいのか考える

一部ディスクブレーキ仕様の製品もありますが、キャリパーブレーキに比べて構造が複雑なため整備の難易度が上がりますし、故障等によって交換が必要になった際高くつく傾向があるため、キャリパーブレーキ仕様をおすすめします。

(ディスクブレーキ自体は一般的にキャリパーブレーキよりも制動力が高いと言われていますが、上記価格帯だと決して高品質とは言えないディスクブレーキが採用されていることがほとんどのため、トラブルのリスクが高いと考えて私は敬遠しています。)

見た目

最後になりましたが、人によってはこれが一番大切だったりすることもあると思います。

カッコよかったり、可愛かったりするだけで、毎日乗ろうと思いますし、大切にしようと思いますよね。

きちんとしたロードバイクメーカーが上記価格帯で販売する製品であれば、若干の性能差はありますが、初めて乗るロードバイクとして不満を感じるような構成の製品はまずないと思います。

スペックにばかり目が行って、見た目に全く愛着がわかない製品を買ってしまわないように注意しましょう。

最後に

今回は初めてのロードバイクを買うときに、知っているとよい基礎知識についてご説明させていただきました。

次回はエントリーグレードに力を入れているメーカーと、現在販売されている製品から何台かおすすめのロードバイクをご紹介したいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。