【自転車】ポタリングにおすすめの自転車とあると便利なもの

こんにちは。ねこまんまです。

下記記事の続きになります。

今回はポタリングにおすすめの自転車と、ポタリングであると便利なものについてご紹介したいと思います。

前提

前記事でもお話しましたが、ポタリングは自転車1台あれば始めることができる気軽さが一番の強みです。

すでに通勤等で使っている自転車がある場合は、まずその自転車を使ってポタリングを始めてみましょう。

あると便利なものについては、逆に言えば無くても何とかなるものですので、すぐにそろえなくても大丈夫です。

趣味にお金をかけることは、その趣味が自分に合っていて長く続けられそうだと判断してからでも遅くはありません。

ポタリングにおすすめの自転車

2020年2月時点で販売されている自転車の中から3台ほどご紹介したいと思います。

気軽に少ない負担で始められるよう、価格は高くても5万円台に収まるようにチョイスしました。

ステップクルーズ(ブリヂストン)

出典 ブリヂストンサイクル ステップクルーズ

ブリヂストンサイクルが展開するおしゃれなシティサイクルです。

カラーは全5色と豊富で、個人的にはイエローがとても素敵だと思います。

価格は3段変速モデルが45,800円、変速なしモデルが40,800円です。

数キロ程度であればシングルギアでもよいですが、数十キロ走るとなると変速があった方がよいと思います。

ステップクルーズの変速機はシマノ製の内装式なので、ほとんどメンテナンスフリーで利用できます。

またチェーンケースがついているためチェーンの錆が抑えられ、注油の頻度も少なくて済みます。

普段の通勤や買い物でも使いやすいシティサイクルタイプの自転車が欲しい方にはおすすめです。

GRAVIER(GIANT)

出典 GIANT GRAVIER(2020)

世界的自転車メーカーのGIANTが展開するクロスバイクで、価格は54,000円となっています。

クロスバイクにしてはかなり太め(約45㎜)なタイヤを履いており、公式でもある程度のオフロード走行が可能と記載があるため街中の段差等にも強く、パンクのリスクも一般的なクロスバイクより低そうです。

重量も11.2㎏と一般的なシティサイクルの半分程度のため、軽快に走ることができます。

変速はシマノ製で、前後合わせて24段と街乗り用としては十分過ぎる性能です。

軽量フレームに多段階変速と良い点ばかり紹介してきましたが、スポーツ自転車はシティサイクルに比べてデリケートな部分が多いですので、定期的なメンテナンスが前提になります。

最低でもタイヤの空気入れとチェーンの注油くらいは定期的(タイヤは週1、チェーンは月1)に行い、雨風のしのげる場所(可能であれば室内)に保管しましょう。

あとはタイヤのバルブがフレンチバルブで一般的なシティサイクルのタイプと異なるため、対応した空気入れが必要になります。

またシティサイクルと異なりかごやキャリアは装備されていませんので、普段の買い物などに使うのは少し不便かもしれません。

とはいえポタリングとクロスバイクの相性は抜群ですので、そういった手間があることを踏まえてもおすすめできる1台となっています。

ROUTE(DAHON)

出典 DAHON ROUTE

DAHON(ダホン)というメーカーの折り畳み自転車で、価格は50,000円となっています。

安い折り畳み自転車は強度不足などが原因で重大な事故につながることもあるようです。

参考:国民生活センター 折りたたみ自転車の安全性

DAHONは独自の折り畳み機構を確立しており、その仕組みを自社製品に長い年月採用し続けていることは、一定の信頼に値すると思います。

私自身もROUTEではありませんが、DAHONの折り畳み自転車を持っており、非常に気に入っています。

ただし、最低限の安全な強度が確保されていることと自転車の剛性の高さは別次元の話であり、折り畳み機構がある分ない自転車に比べて走行性能は低くなる傾向があります。

変速についてはシマノ製の7段変速となっていますので、街乗りで不便を感じることはないでしょう。

タイヤが20インチと小径で折り畳みが可能ですので、自転車の置き場を確保することが難しい方におすすめです。

ポタリングであると便利なもの

あるとポタリングが楽しくなるグッズをいくつかご紹介します。

リュックサック&ウエストポーチ

荷物が多いときはリュックサック、荷物が少ないときはウエストポーチがおすすめです。

お財布やスマホをポケットに入れて落としたりすると大変ですので、自転車に乗るときは何からしらカバンをもって出かけた方がよいです。

あとはリュックサックがあると、出かけた先で買い物をして荷物が増えた場合も対応できるので便利です。

腕時計

腕時計があると自転車に乗りながらでも時間を確認できるので便利です。

最近はスマホの普及で腕時計の必要性が薄れてきましたが、自転車に乗りながらスマホを操作するのは大変危険ですので絶対にやめましょう。

腕時計の種類は何でもよいと思いますが、突然の雨などで故障しないために日常生活防水くらいは備わっているものがよいと思います。

あとは自転車走行中に何かの拍子で壊れたり傷ついたりする可能性もありますので、あまり高い時計は身に着けない方がよいかもしれません。

私の持っている腕時計も真ん中のG-SHOCKは1万数千円しましたが、左のセイコー5は五千円くらいでしたし、右のチプカシなんかは千円ちょっとで買えます。

水筒

水筒があると夏は冷たい飲み物、冬は暖かい飲み物が飲めるため便利です。

特に郊外にポタリングに出かける場合は、街中のポタリングに比べて補給しづらいことが多いので水筒があると助かります。

大きさはあまり大きいと重くて負担になるので、350mlから500mlくらいの製品がおすすめです。

最後に

今回はポタリングにおすすめの自転車と、ポタリングであると便利なグッズについてご紹介させていただきました。

全2回に渡ってポタリングの楽しさについてお話させていただきましたが、この記事がきっかけでポタリングに興味を持たれた方がいましたら幸いです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。